02. 『早漏男』 と 『非早漏男』 のオナニー境界線

02. 『早漏男』 と 『非早漏男』 のオナニー境界線

私たちは、自己流の方法でオナニーをしているから
『刺激』に弱いペニスになり、早漏になってしまいました。

しかし、自己流オナニーでも偶然に
正しい方法でオナニーをしていた人がいます。

それが早漏ではない男です。
『非早漏男』です。

彼らは偶然、正しい方法のオナニーを覚えた為に
オナニーをするたびにペニスが鍛えられ
『刺激』に強くなっていきました。

オナニーを覚えてから初体験を迎えるまでの数年間、
毎日のようにオナニーをして知らず知らずに、
ペニスを鍛えていたのです。

初体験を迎えるころには当然、
『刺激』に強いペニスに鍛え上がっているので、
早漏とは無縁の人生を送ることになります。

しかし、私たちのように間違った方法のオナニーを
覚えてしまうと、気持ちよくて射精はしますが、
ペニスはまったく鍛えられることなく、
生まれたままの敏感で感じやすいペニスで、
初体験を迎えることになるのです。

そして、初めて挿入した膣のあまりの気持ちよさに
敏感ペニスは耐えることができずに、
すぐに「どぴゅ!」と射精してしまいます。

これが早漏人生の始まりです。

正しいオナニーか、間違ったオナニーか?

ここが『刺激』に弱い敏感ペニスになるか?
ならないか?の分岐点なのです。

そして、更に早漏になるオナニーの特徴があります。

→→ 早漏になるオナニーのもう1つの特徴とは?


私が克服(改善)した方法を更に詳しく解説しました!

ある女性誌のアンケートによると、80%以上の女性が15分以上の挿入を望んでいるそうです。 もし、あなたの持続力が15分以下だとしたらパートナーはあなたとのセックスに強い不満を抱いている可能性があります。

→私が自宅で早漏を改善した方法をマニュアルと動画にまとめました!

※注意!自力で早漏を克服(改善)したい人以外は絶対に見ないでください。