仮性包茎早漏とは?

仮性包茎早漏とは?

仮性包茎は、『過敏性早漏』と似ています。

亀頭が常に皮に被われているため、
刺激に弱く感じすぎてしまうことが原因で
すぐに射精してしまう早漏です。

ここで多くの人が勘違いしてしまうのが、
包茎が治れば自動的に早漏も治ると思ってしまうことです。

『仮性包茎』 = 『早漏』

ではありません。

包茎で亀頭が常に皮に覆われて、
外からの刺激に敏感なため早漏になっています。

敏感ペニスだから早漏なのであって、
包茎だから早漏なのではありません。

仮に、手術をして包茎を治しても、
亀頭が敏感なままでは、

『仮性包茎早漏』 ⇒ 『過敏性早漏』

とタイプが変わるだけで、
早漏の根本的な解決策にはなりません。


仮性包茎早漏の原因って?

亀頭が常に皮を被っているため、
外からの刺激に敏感なことが原因です。

繰り返しになりますが、
仮性包茎が早漏の直接の原因でありませんので、
『包茎さえ治れば早漏も治る』と思っていたら注意してください。

『包茎が治る』 = 『早漏が治る』

ではありません。

亀頭・カリが刺激に弱いことが最大の原因です。


どうやって治したらいいの?

克服方法は基本的に、過敏性早漏同じです。

亀頭やカリが刺激に対して強くなれば、
自然と持続時間が延びていきます。

無修正のAVを注意深く見たことがある方は、
ご存知かもしれませんが、
AV男優にも包茎の人がたくさんいます。

この事からも、

『包茎』 = 『早漏』

ではないことがわかると思います。


私が克服(改善)した方法を更に詳しく解説しました!

ある女性誌のアンケートによると、80%以上の女性が15分以上の挿入を望んでいるそうです。 もし、あなたの持続力が15分以下だとしたらパートナーはあなたとのセックスに強い不満を抱いている可能性があります。

→私が自宅で早漏を改善した方法をマニュアルと動画にまとめました!

※注意!自力で早漏を克服(改善)したい人以外は絶対に見ないでください。