衰弱性早漏とは?

衰弱性早漏とは?

衰弱性早漏とは体の衰え、老化からくる早漏です。

特に射精に関わっている股間周りの筋力が低下することで、
射精を堪えることができずに通常の人よりも早く射精してしまいます。

若いときは早漏とは無縁でも、
歳を重ねるにつれて徐々に持続時間が
短くなっている場合は衰弱性早漏の可能性が高いです。

完全に勃起せずに半立ち状態で
"どぴゅ、どぴゅ"っと勢いよく発射せずに、
"ダラ~"と漏れるように発射してしまいます。


衰弱性早漏になってしまう原因って?

体の老化や、日頃の体調管理の怠り、
運動不足が原因になっています。

10代、20代のうちは何もしなくても
健康体を維持できますが、
30代以降はそうはいきません。

日頃の健康管理で差が出てきてしまいます。
もちろん夜の生活も例外なくその影響を受けます。

衰弱性早漏の一番の原因は、
股間周りの筋肉の衰えです。

運動不足や加齢による筋肉の衰えによって、
射精を我慢したり堪えたりする筋肉が
十分な機能を果たさなくなってしまいます。

その結果、射精感を堪えることができずに
漏れるように発射してしまいます。


どうやって治したらいいの?

股間周りの筋力を鍛えるトレーニングをすることで克服できます。
手軽にできるトレーニングで、これをする事によりペニスへの
血流量も増して勃起力のアップにも効果があります。

本格的な改善を目指す場合は、
日頃の食生活や定期的な運動など、
『健康』を意識した生活をおすすめいたします。


私が克服(改善)した方法を更に詳しく解説しました!

ある女性誌のアンケートによると、80%以上の女性が15分以上の挿入を望んでいるそうです。 もし、あなたの持続力が15分以下だとしたらパートナーはあなたとのセックスに強い不満を抱いている可能性があります。

→私が自宅で早漏を改善した方法をマニュアルと動画にまとめました!

※注意!自力で早漏を克服(改善)したい人以外は絶対に見ないでください。